不倫慰謝料請求においての証拠の集め方とは

みなさんは、不倫慰謝料の証拠として何が有効と考えているでしょうか?

メールや電話の履歴、LINEやSNSのメッセージが考えられますね。

この中から不倫をにおわせるやり取りが見つかったら?

それがそのまま証拠になると考えている方も多いでしょう。

しかし、単にやり取りだけでは証拠としては不十分です。

では、どういった証拠が不倫慰謝料請求において有効と言えるでしょうか?

その証拠を集めるにはどういった方法があるのでしょうか?以下にて詳しく見ていきましょう。

不倫慰謝料請求に必要な証拠とは

少し生々しい話になってしまいますが、性交渉中の動画や写真、ホテルなどの宿泊施設に入りそして出てくるときの写真が典型例です。

性交渉の存在を客観的に証明する完璧な証拠です。

しかし、こうした証拠を入手することは簡単ではありません。

いつホテルに行くかわからない相手を1日中付け回すのは無理があります。

そして、不倫を疑っていることを相手に知られてしまえば、配偶者が警戒心から不倫相手と会う回数を減らしたり連絡を控えるようになるなど、証拠の入手がより困難になってしまいます。

中には高額のお金を支払って探偵に依頼して報告書という形で証拠を入手する方もいます。

こちらは裁判で強い証拠になりますが躊躇する方も多いのではないでしょうか。

完璧な証拠が入手できないとダメなの?

不倫の完璧な証拠は入手が容易ではありません。

では、完璧な証拠が入手できないと慰謝料請求は諦めなければならないのでしょうか?

答えは、NOです。

裁判では、たとえ1つ1つが弱い証拠であっても、複数の証拠を組み合わせることで不倫の事実を証明することができるのです。

たとえば、LINEやメールで肉体関係があったと推測させるような内容の文面があり、ホテルなどの領収書、普段の生活範囲からは考えられない移動履歴(カーナビやSUICAの利用歴など)を組み合わせることで、不倫があったことを相当程度立証することができます。

さらに、相手がこうした証拠に反する主張をしていたら、より相手の言い分が霞んでいきます。

不倫慰謝料はどのように請求すればいいのか?

ここまでは裁判を前提に証拠を見てきましたが、慰謝料請求すべてが裁判に発展するわけではありません。

交渉段階では必ずしもすべての証拠が必須というわけではないのです。

交渉する中で、相手が素直に不倫を認めることもよくあります。

不倫している本人には心当たりがありますので、突然に不倫を追及されると、なにか証拠をつかまれているのではないかと感じるものです。

そのまま相手が観念するケースも現実にあります。

不倫をかなり疑わせる証拠が揃っているのであれば、まずは交渉からスタートすることは可能なのです。

不倫慰謝料請求は弁護士に依頼しよう

不倫慰謝料請求は話し合いからスタートするのが一般的です。

その際は弁護士に依頼することをおすすめします。

不倫相手は後ろめたいことをしていると自覚しています。

そんな状況下で、法律問題のプロである弁護士から慰謝料請求の通知書が届いたらどうでしょう。

少なくとも不倫の事実は素直に認める方が多いです。

また、金額の交渉も弁護士に依頼したほうがスムーズにいきます。

誰だって裁判を起こされるのは嫌なものです。

時間も手間もかかる裁判をするより、和解で終わらせようと考えるようにもなります。

このように、弁護士に依頼することで慰謝料請求がうまく進む可能性が十分にあります。

金額面、時間面においても有利に進めていけるメリットがあります。

当事務所では不倫慰謝料のご相談は常に受け付けていますので、お悩みの方はぜひお気軽にお電話ください。

相談実績1500件超/初回相談無料 夜間休日相談対応可 ※要事前予約/公正公平かつ将来トラブルを起こさない離婚をサポートします!

0120-546-470
24時間受付中 メールでのご相談はこちら
トップへ